陽菜の安心で便利なアフターピル|取り返しがつかなくなる前の避妊薬

常備しておくと便利な薬

メディシン

アフターピルとは、性交時において万一を想定して緊急時に避妊を行う事が出来る緊急避妊薬で有りコンドーム着用の下で行った性交でも膣内で外れる事やあるいは不良品で有り破れている等の破損が後から分かった際や望まぬ性交を強いられ性犯罪の被害者となった際等に用いられる医薬品の一つとされ、想定外の事が起きた時でも焦る事無く72時間以内にそれも出来る限り早く内服する事によって高い確率で避妊を行う事が出来るとされています。
代表的なものにノルレボが挙げられ、世界保健機構でもエッセンシャルドラッグに位置付けられる国際的にも認められている緊急避妊薬で有り、その作用としては排卵を抑制する事が目的とされ、成分となるレボノルゲストレルが視床下部や脳下垂体を刺激する事によりLHやFSHの分泌を抑える事で排卵が起きない状態を作り出してくれ、これによって子宮内に残る精子が卵子と結合し受精卵となる事を阻害する事が出来るので望まぬ妊娠を回避する事が出来るとされています。
又、精子の寿命は膣内で一週間程と言われているので仮に排卵が起き受精卵となる事が有っても子宮内膜が増殖する事を抑える作用も持つので受精卵が着床しない状態を作り出す事がが出来るので、ノルレボは二重の作用で妊娠を回避する事ができ、ノルレボを用いた1198人を対象とした臨床試験では妊娠率が1%程とされ、100%回避を保証出来るものでは有りませんが避妊具の一つコンドームは妊娠率が20%程と言われるのでその成功率は非常に高いものと捉える事が出来ます。
アフターピルはその優れた作用の反面で女性の方の体内のホルモンの均衡に大きな変化を与える事になるので副作用症状を避ける事は出来ず、内服時に最も多く起こるとされるのが吐き気や嘔吐になり、他にも不正出血や倦怠感や頭痛が起きるとされ、低容量OCとは異なり常用する事を考えて作られている医薬品では無い事には注意が必要です。
健康保険の適応が無い医薬品に当たるので一回の処方で概ね一万円前後の費用を要するとされるので後発薬にはアイピルも有り、海外医薬品となりますがその作用等は異なる事は無いとされているので万一を想定して低価格で購入出来るアイピルを常備して置く事で安心した性交を行う事が出来ます。
アイピルを含めアフターピルの使用により避妊具を使わない事はSTDになる恐れが有るので使用する事は忘れずに着用する必要が有ります。